Menu

診療体制・特色

%e4%bd%9c%e6%a5%ad%e7%99%82%e6%b3%95%e5%ae%a4%e5%86%99%e7%9c%9f

当院の作業療法室(OT室)では、精神科リハビリテーションチームアプローチの一員として、

1)精神科OT、2)身体合併症OT、3)認知症病棟OTを行っています。

 

★作業療法室案内はこちらよりご覧いただけます。

1)精神科OT 対象者の回復段階や目的に応じて担当者がプログラムを組み、OT評価・治療を行っています。
2)身体合併症OT 対象者の精神症状を評価した上で、身体合併症に対してのリハビリテーションを行っています。
3)認知症病棟OT 作業療法士(OTR)が病棟に専従で勤務し、生活技能訓練に関する評価・プログラム作成の中心となり、他職種スタッフと協力して実施しています。

精神科OTの診療形態

精神科OTの診療形態には、1)個別OT、2)個人OT、3)集団OTがあります。

1)個別OT 対象者の希望や精神症状などにより、必要に応じて担当OTRがマンツーマンで行っています。面接や評価、家庭訪問指導なども含まれます。
2)個人OT 対象者の適応水準や治療ニードに応じ、担当OTRが作業種目、参加回数、出席プログラム等を設定し行っています。
3)集団OT グループOTと病棟OTがあります。グループOTでは、活動主体の緩やかな枠の場を提供するオープングループOTと、対象者の目的や発達レベルに応じた集団場面を提供するクローズドグループOTがあります。病棟OTでは、病棟単位で定期的な働きかけの場を設定し、週に1~2回のペースで、病棟スタッフやその他の関係スタッフと連携しながらグループワークを行っています。

OT週間プログラム

  午前 9:00~11:00

午後 1:00~3:00、3:00~5:00

個人OT(任意入院の方中心)
園芸(季節の作物を育てる)
オープン卓球
朝のOT(高齢の方中心)

ADL(調理指導)

クラフト匠(グループによる企画中心でレク活動を行う)

みんなの音楽(音楽鑑賞)
病棟OT

個人OT
茶道

病棟OT

キネマの天地(映画)
病棟OT
身障OT

個人OT

保健体育(運動、食事指導等)
朝のOT

病棟OT

書庵(書道を楽しむ)
病棟OT

個人OT
オープンスポーツ
朝のOT

病棟OT

園芸

あとりえ(各種創作活動、演劇など)

病棟OT

個人OT
オープンゲートボール

園芸

麻雀
朝のOT

身障OT 

手芸

病棟OT

若年性認知症グループ「ラフラフ」

個人OT
病棟訪問
記録 等