Menu

平成28年度 浅香山病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

集計方法

  • 平成28年4月1日~平成29年3月31日までに当院を退院した患者さまを対象としています。
  • 患者数または症例数が10未満の場合、当該数値並びに付随する項目については、個人が特定される可能性を考慮し、「-(ハイフン)」で表示しています。
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢
区分
0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 28 60 90 181 228 596 818 902 284
10代から90代以上の方と、幅広い地域の方に利用していただいております。超高齢化社会での地域密着型医療を反映し、60歳以上の方が全体の約80%を超えた、高齢の方が多く入院している病院です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等なし 定義副傷病なし 184 34.08 21.25 16.85% 84.00 PDF
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 77 21.45 12.43 2.60% 80.69  
050050xx02000x

狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等

処置等(心臓カテーテル検査) 定義副傷病なし

57 3.54 4.71 0.00% 68.84  
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等なし 定義副傷病なし 49 30.59 17.95 4.08% 82.96  
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等あり(心臓カテーテル) 定義副傷病なし 47 2.23 3.06 6.38% 66.57 PDF 
当院の内科は、循環器・呼吸器・消化器・腎臓内科と分かれています。
嚥下(食物等を飲み込むこと)能力の低下に伴う誤嚥性肺炎、菌に対する抵抗力の低下に伴う尿路感染症にて入院する患者様が多く、次いで虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)で入院をされる患者様が上位を占めています。
精神科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 27.63 PDF
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 定義副傷病なし 3.64 PDF
100393xx99xxxx

その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害

手術なし

10.17  
161070xxxxx01x 薬物中毒(その他の中毒) 定義副傷病あり 7.54 PDF
010060×0990200

脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、

かつ、JCS10未満) 手術なし

22.10  
集計条件の都合で件数が10件未満と少ないですが、手術や人工呼吸器など急性期治療や専門的な検査を必要とされている患者様が入院されています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x

直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍

手術なし 処置等あり(抗がん剤:アバスチン) 定義副傷病なし

28 3.39 4.41 0.00% 77.61  
060035xx99x70x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし

処置等あり(抗がん剤:アービタックス、ベクティベックス等) 定義副傷病なし

23 3.22 4.84 0.00% 71.57  
060335xx02000x

胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等

処置等なし 定義副傷病なし

21 9.71 7.61 0.00% 64.29  PDF
060035xx01000x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 処置等なし

定義副傷病なし

19 20.42 15.92 5.26% 72.95  PDF
060035xx99x00x

結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし

処置等なし 定義副傷病なし

15 18.00 7.20 6.67% 75.47  
上位5位のうち3件が、悪性腫瘍の抗がん剤治療目的の入院です。
これら以外にも、食道、甲状腺、乳房、子宮や「短期滞在手術等基本料3」で算定するため集計の対象にはなりませんが、鼠径ヘルニアで入院される患者様が多数おられます。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率

平均

年齢

患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23 44.75 27.63 0.16% 79.62  PDF
160690xx99xx0x

胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)

手術なし 定義副傷病なし

20.57  
160850xx01xx0x

足関節・足部の骨折、脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、

膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 定義副傷病なし

17.48  
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病なし 5.86  
160720xx01xx0x

肩関節周辺の骨折脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、

上腕、大腿等 定義副傷病なし

14.19  
高齢者の股関節の骨折や脊椎圧迫骨折での入院が上位を占めています。
件数が少ないのですが、腕や肩関節の骨折で入院する患者様もおられます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患、手術あり 2.91  PDF
 
 
 
 
白内障は入院で手術で受けていただいておりますが、「短期滞在手術等基本料3」の対象のため、集計には反映されていません。
平成28年度は一般病棟にて、38件の入院件数がありました。
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 13 81.11 27.63 0.03% 85.45  
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 20.57  
010060×0990400 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 処置等あり(脳保護剤:エダラボン、ラジカット) 定義副傷病なし 21.90  
 
 
急性期病棟でもリハビリテーションを行っておりますが、院内に「回復期リハビリテーション病棟」を有し、整形外科疾患の運動器リハビリテーション、脳梗塞後の脳血管リハビリテーション、心疾患の心臓リハビリテーション、呼吸器疾患の呼吸器リハビリテーションを行っております。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 53 6.15 8.96 0.00% 63.12  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 27 15.67 11.97 0.00% 80.95  
080090xxxxxxxx 紅斑症 11.54  
 
 
帯状疱疹や急性膿皮症の患者様が上位を占めますが、上記以外にも、褥瘡(床ずれ)・重度の薬疹で入院される患者様がおられます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率

平均

年齢

患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 15.56 7.44 0.09% 66.74  PDF
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病なし 5.33  PDF
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 12.43  
 
 
膀胱がんで入院する患者様が上位を占めていますが、これ以外にも、前立腺肥大症・腎結石・尿管結石、また精神疾患を抱えた患者様の入院治療や手術も行っています。
緩和ケア内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14.83  
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11.20  
060040xx99x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 9.45  
 
 
院内に「緩和ケア病棟」を有し、地域の病院・クリニック等から紹介患者様を受け入れています。
緩和ケアを必要とする患者様は慢性的な痛みを持っておられる方が多く、一刻も早い対応が望まれるため臨機応変な対応を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 16 12 41 14 1 7
大腸癌 18 36 46 37 13 85 2 7
乳癌 11 1 7
肺癌 13 44 30 1 7
肝癌 12 2 5

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

胃・大腸・肺の取り扱い件数が多く、入院中にほとんどの患者様に対して、がんの進行度が分かります。「不明」は、がんの治療を始める前の検査目的での入院のため、退院するまでに検査結果が出ないことがあります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院
日数
平均
年齢
軽症 24 12.43 51.87
中等症 69 15.48 74.78
重症 19 15.17 82.90
超重症
不明
中等症の患者様が一番多く、分類が重症になるほど平均年齢も高くなります。ごく少数ですが、超重症に該当する患者様がおられました。
一方、軽症の患者様は50代と当院の入院患者平均より若く、平均在院日数も3日短くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均
在院
日数
平均
年齢
転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 11 42.36 83.45 0.00%
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の場合、発症してから治療開始までの時間が早ければ早いほど、元通りの日常生活に戻れる可能性が高く、ほとんどの患者様が発症してから3日以内に治療を開始しています。
また、当院は回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟を有しており、これらの病棟では自宅へ帰るためにリハビリテーションに力を入れた取り組みを行っております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術

(直径2cm未満)

288 0.77 2.56 0.03% 73.85  PDF
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 48 12.83 19.15 0.03% 73.38  PDF
K7212

内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術

(直径2cm以上)

41 4.99 14.91 0.00% 72.71  PDF
K5492

経皮的冠動脈ステント留置術

(不安定狭心症に対するもの)

28 4.44 25.31 0.03% 79.48  PDF
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 16 15.94 34.06 12.50% 74.25  ―
大腸ポリープ切除目的で入院される患者様が多く、次いで狭心症・急性心筋梗塞でカテーテル治療を受けられる患者様が多いのが特徴です。
ここには件数が少ないために挙げられませんでしたが、早い段階で発見した胃がんに対して胃カメラで切除する方法や、人工透析が必要な患者様に行うシャントに対する修復術も行っております。
精神科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 1.肩甲骨、上腕、大腿  PDF
K0811 人工骨頭挿入術 1.肩、股  PDF
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術 4.鎖骨、膝蓋骨、手、足、指(手、足)その他  ―
 
 
精神疾患を抱えた患者様の身体疾患の治療にも力を注いでおり、件数は10件未満と少ないですが、上記の手術だけではなく、様々な手術を行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 31 5.27 12.69 0.13% 74.19  PDF
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 27 5.27 12.69 0.00% 74.19  PDF
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 19 1.21 2.21 0.00% 65.58  PDF
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈、静脈又は腹腔持続注入用植込型カテーテル設置 3.頭頚部その他に設置した場合 18 10.79 15.19 0.00% 75.23  ―
K655-22 腹腔鏡下胃切除術 2.悪性腫瘍手術 12 8.33 27.75 16.67% 74.17  PDF
開腹手術ではなく、腹腔鏡下での手術を積極的に行い、術後の痛みの軽減や早期社会復帰が可能となっており、主に、悪性腫瘍・腸閉塞・虫垂炎の手術を腹腔鏡下で行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 1.肩甲骨、上腕、大腿 21 6.78 27.95 0.13% 79.02  PDF
K0811 人工骨頭挿入術 1.肩、股 10 9.75 56.45 0.06% 77.25  PDF
K0463 骨折観血的手術 3.鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く)、足、指(手、足)その他 0.00%  ―
 
 
高齢者の骨折手術が多いのが特徴です。
院内にリハビリに特化した「回復期リハビリテーション病棟」があり、継続してリハビリを受けていただいております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 1.眼内レンズを挿入する場合 ロ.その他のもの 35 1.00 2.00 0.03% 73.35  PDF
K2821イ 水晶体再建術 1.眼内レンズを挿入する場合 イ.縫着レンズを挿入するもの  ―
 
 
 
主に白内障の手術を取り扱っています。
この治療目的で入院する患者様の中には精神疾患を患っている方もおられるため、全身麻酔による手術にも対応しております。
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 1.肩甲骨、上腕、大腿 16 8.00 71.08 0.00% 82.57  
K0811 人工骨頭挿入術 1.肩、股  
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術  
 
 
整形外科と同じく、転倒等での骨折や変形した関節を手術した後のリハビリ目的の患者様が大多数を占めています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 2.単純切除  
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 3.直径4cm以上  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 3.直径6cm以上12cm未満  
 
 
件数は多くありませんが、悪性腫瘍・良性腫瘍の切除を行っております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 6.経尿道的手術 ロ.その他のもの 13 4.39 6.18 0.03% 69.33  PDF
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 11 0.17 1.00 0.00% 70.56  PDF
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 6.経尿道的手術 イ.電解質溶液利用のもの 10 2.39 11.44 0.03% 68.61  PDF
 
 
膀胱の悪性腫瘍や、ESWLという専用機器で発生させた衝撃波を体外から腎結石・尿管結石にあてて、破砕する方法での手術が上位を占めています。
また、前立腺に関連した手術にも対応しています。
緩和ケア内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置 2.頭頚部その他に設置した場合  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法  
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術  
 
 
一般病棟での今後の治療に必要な手術を受けた患者様です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 16 0.47%
180010 敗血症 同一
異なる 19 0.22%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
○播種性血管内凝固症候群や敗血症について、今回の入院期間に医師が治療に最も人的・物的に医療資源投入した病名と、入院の契機となった病名の同一性を区別し、平成28年度の退院患者に対する割合を示したものです。

★播種性血管内凝固症候群
  血液を固めたり溶かしたりするシステムの両方に異常が生じてしまうため、身体中のあちらこちらで勝手に血栓が出来たり、線溶系(血液が溶ける)が異常をきたして、身体中で出血がとまらなくなり、出血しやすくなります。

★敗血症
  感染症による全身性の炎症性反応と定義されます。敗血症では感染症が身体の一部に留まらず、血液中に細菌が入り込んで、感染症由来のタンパク質(サイトカイン)が影響することで、全身性の炎症が起こることを指します。

★手術・処置の合併症
  医療行為が基になって不可避に生じる別の病気を指します。
  医療過誤や医療事故と勘違いをされることが多く、最大限の注意を払って最善の治療を行っても回避ができません。

播種性血管内凝固症候群は、全症例で感染症が基で入院してこられた患者様が多く、死亡症例が9件ありました。
敗血症は、入院時年齢の平均が80歳と高齢で、肺炎・尿路感染症を発症した状態で入院してこられた患者様が多く、19例が死亡退院をしていました。

更新履歴
2017.9.27
機能評価係数2の保険診療における「病院情報」を公開しました。