Menu

インフルエンザ予防接種のご案内

投稿日:2017年10月12日

 

浅香山病院では、インフルエンザの予防接種を実施しております。予防接種挿入

インフルエンザ予防接種については下記のPDFをご参照ください。

>>インフルエンザ予防接種のご案内

 

 

■インフルエンザについて

インフルエンザウイルスに感染することで発症するインフルエンザは、38℃を超える高熱や頭痛・関節痛・筋肉痛など、全身症状が突然現れるのが特徴です。特に高齢の方や免疫力が低下している方は重症化しやすいため、予防接種を受けておくことが大切です。

 

■予防接種が必要な理由

インフルエンザのワクチンは、ウイルスの感染自体を完全に防ぐことは出来ませんが、発症をある程度抑制する効果があります。予防接種をしてもインフルエンザにかかることがあるのはこのためです。

しかし、どうせかかるかもしれないといって予防接種を受けなくてもいいというわけではありません。インフルエンザが発症すると肺炎等といった合併症を起こす可能性があります。100%予防が出来るわけではありませんが、予防接種には重症化を防ぐ効果がありますので、インフルエンザ予防接種を受けましょう。

 

■毎年受けた方がいいの?

ワクチンの効果が期待できるのでは、約五か月間です。また、ワクチンはそのシーズンに流行するウイルスの型をあらかじめ予測し、製造されています。そのため、予防接種は毎年受けることが必要です。