Menu
kango_btn1_off kango_btn2_off kango_btn3_off kango_btn4_off kango_btn4_off

専門・認定看護師のご紹介

specialist-syugo

それぞれの看護分野において、水準の高い看護ケアを提供するために、認定資格の取得をバックアップしています。
★活動を紹介する「専門認定だより」最新号はこちら

 >>>専門認定だよりトピックス版(レッドゾーンでの認知症ケア)

 >>>専門認定だよりNo20(精神科)

   >>>専門認定だよりNo19(がん化学療法看護

精神看護専門看護師
1名

 

 

● 専門看護師(Certified Nurse Specialist)とは

複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族及び集団に対して水準の高い看護ケアを効率よく提供するために、ある特定の専門看護分野で知識・技術を深めた看護師で、日本看護協会専門看護師認定審査に合格し、特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することを認められた者をいいます。

● 認定看護師(Certified Nurse)とは

あらゆる場で看護を必要とする対象に水準の高い看護実践が提供できるように、日本看護協会及び日本精神科看護協会認定看護師認定審査に合格し、ある特定の看護分野において熟練した看護技術と知識を有する者をいいます。

 

感染症看護専門看護師
kanesaki01

金﨑 美奈子

 

(2016年取得)

当院の特徴である医療・福祉施設、在宅、地域という幅広い活動の場において、対象となる個人および集団の特徴を把握し、感染予防と発生時の適切な対策によって感染拡大の防止に取り組んでいます。また、患者・家族様の多様なニーズに応えるために、医療・ケアの質の向上・改善に取り組んでいます。
現状把握から対策立案、介入評価はデータ等を活用しながら現場にわかりやすい形でフィードバックすることを心掛けています。
<昨年度活動実績>

  • 手指衛生遵守率向上によるMRSA発生率低下
  • 大阪府立大学大学院 感染症看護CNSコース実習指導
  • 第20回大阪病院学会 一般演題:口演
    「精神科病棟におけるインフルエンザ集団発生調査」
  • 第35回日本環境感染学会総会・学術集会 シンポジウム講演
    「インフルエンザアウトブレイク調査からみえたもの~精神科病棟を中心に~」
  • 第35回日本環境感染学会総会・学術集会 一般演題:口演
    「精神科慢性期閉鎖病棟における通常疥癬の集団発生調査」

認定看護管理者
kango_ns01k2

国本 京美

 

(2017年取得)

患者さま・ご家族や地域の方々へ、より質の高いサービスを提供できるよう、看護部長として組織の課題と向き合い、より良い環境作りに努めています。
地域全体の医療・看護の質の向上のための看護部の体制は、こちらでご紹介しています。
>>>看護部理念・目標
 

精神科看護認定看護師
kango_p31

齋藤 雄一

 

(2009年取得)

精神科医療は、日々進歩と変化をしています。そのような状況の中で精神科看護が求められるもののハードルは高くなってきています。精神科認定看護師として常に倫理感性を磨き、教育や指導をしながら患者様が安全で安心できる医療・看護を提供できる病院作り、看護師育成をしていきたいと考えています。
また高齢化が進む社会の中で精神科の患者様も例外ではありません。身体合併症に対しても、複数の病気とどのように付き合っていくのかも、患者様やご家族からの悩みや相談にも応じていきたいです。
地域の皆様、ご相談お待ちしています。
<昨年度活動実績>

  • 院内暴力対策委員会、行動制限最小化委員会担当
  • 看護研究発表「統合失調症で長期入院患者の精神状態とセルフケアの改善」
  • 院外研修講師:日本精神科看護協会「身体拘束の回避に向けた実践力の強化と看護倫理」ほか
  • 大阪府看護協会JNAラダー 精神科バージョン作成

b_simple_5_1l

結川 繁人

 

(2015年取得)

臨床では、病状により行動制限を余儀なくされ長期化する状況が出てきます。私の得意分野は、行動制限を最小化していくためのアセスメントや看護介入、調整をしていくことです。
今後も多職種と協働しながら、コンサルテーションや研修会、事例検討会などの活動を行い、行動制限最小化、看護ケアの向上に繋げていきたいと考えています。
<昨年度活動実績>

  • 院内の行動制限最小化委員会にて行動制限に関する事項の検討
  • 精神科救急病棟+訪問看護合同事例検討会開催
  • 第26回日本精神科看護協会大阪府支部 看護研究発表会 座長
  • 日本精神科看護専門学術集会 座長

b_simple_5_1l

kango_p06

甲斐 あゆみ

 

(2010年取得)

近年、精神科患者様の高齢化や認知症を患う方が増えていることから、身体疾患を合併する割合が高くなっています。当院でも心身両面のアセスメントを行いながら、さらなる合併症を予防するスキルが求められます。現在精神科患者様が身体の疾患を抱えられた際に入院を受け入れる病棟で、心身のアセスメントができ、心と身体の健康回復に寄り添うことのできるスタッフ教育に力を注いでいます。また、院内外の多職種と連携し、専門性を活かして検査や手術に対する患者様の意思決定を支え、安心して治療に取り組めるよう努めています。
<昨年度活動実績>

  • 院内慢性期事例検討会開催
  • 院内救急教育委員会担当
  • 院外講演会講師:「精神科身体合併症病棟の現状と課題」
  • メディカ出版「はじめての精神科看護」改訂版執筆

b_simple_5_1l

kango_p30

島津 聖子

 

(2010年取得)

精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築・深化が求められる中、私自身、患者様への切れ目のない医療・支援の提供のために、院内だけでなく地域の多職種・多機関ともより連携を深め、協働していきたいと考えています。患者様やご家族がその人らしく地域で暮らせるように、また長期入院の方はその人の人生を取り戻せるように、入院中のケアだけでなく、地域生活を見据えた質の高い支援を目指しています。
<昨年度活動実績>

  • 精神科救急病棟における急性期治療パスの活用と看護ケアの質向上に向けた取り組み
  • 精神科救急病棟+訪問看護合同事例検討会開催
  • 大阪府立大学との共同研究
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「精神看護援助論」
  • 院外研修講師:大阪府相談支援従事者研修、日本精神科看護協会、精神科病院など

認知症看護認定看護師
kango_p14

山本 朝美

 

(2011年取得)

認知症を患う方は、入院などの環境変化にストレスを感じやすく、普段と違う行動を起こすことがあります。その様子は、周囲から認知症が進行したように見えてしまいます。「なぜそうしたいのか、どのようにしたいのか」ご本人の思いを聴き、行動分析し、その思いをイメージできるよう代弁し、援助方法を提案しています。ご本人にはどのような援助が最善であるかを、スタッフと一緒に考え、みんなが笑顔になれる看護実践を目指しています。
<昨年度活動実績>

  • 認知症・せん妄ケアマニュアルの整備
  • 認知症看護外来
  • 院内教育活動(老年看護コース・事例検討会・ケアミーテング)
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「老年看護学」
  • 日本看護協会出版「認知症Plus退院支援」執筆

b_simple_5_1l

kango_p18

三好 豊子

 

(2013年取得)

認知症初期集中支援チーム員として受診・介護に繋がらず生活に困っている認知症の方に、地域包括支援センターと共に適切な医療・介護につなぐ支援をしています。その為には生活の中での困り事や意思を聞き取り、その意見を可能な限り尊重し、支援は本人や家族が受け入れられる方法で段階的に進めることを心がけています。認知症の方の「できる力」に目を向け、安心して住み慣れた場所で少しでも長く過ごして頂けることを目標にしています。
<昨年度活動実績>

  • 認知症初期集中支援チーム活動
  • 認知症看護外来
  • 院内教育活動(老年看護コース)
  • 院外研修講師:堺市認知症対応向上研修
  • 認知症ケア学会ポスター発表「家族教室の実際と効果について」

救急看護認定看護師
kango_p08_02

名古屋 恵子

 

(2010年取得)

浅香山病院は、初期・二次救急、精神科ではスーパー救急受け入れ病院として救急医療を担っています。私は救急看護認定看護師として、救急外来で救急搬送、直接救急を受診する患者様の受け入れを行っています。現在はコロナ禍での救急の受け入れとなっています。
 また院内・関連施設・院外での救急蘇生法(一次救命処置・二次救命処置)、急変時対応の指導・相談や、災害対策プロジェクトメンバーとして病院の災害対応に力を入れています。
<昨年度活動実績>

  • 災害対策プロジェクトメンバーとして、夜間想定の災害訓練の実施
  • 他部署への救急蘇生法の指導
  • 院内研修講師(フィジカルアセスメント)
  • 院外研修講師:救急蘇生法の研修(精神科看護協会、他精神科病院)
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「災害看護」

がん化学療法看護認定看護師
kango_p17

川﨑 典子

 

(2013年取得)

抗がん剤の投与管理や副作用に対してのケアを実践し、治療が安全、安楽、確実に行われるように支援をしています。また、当院では精神疾患や認知症がある患者様も治療を受けられており、身体ケアとともに精神状態の変化に注意してケアに取り組んでいます。
抗がん剤治療は長期となるため、患者様とご家族の思いに気を配り、その人らしい生活を送ることができるように心掛けてサポートを行っています。
<昨年度活動実績>

  • 外来化学療法室でのセルフケア支援
  • 院内研修(CVポート管理、がん化学療法看護)
  • 新規レジメン導入における部署内での教育
  • 「がん化学療法看護基準・手順」の作成
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「血液・造血器疾患、呼吸器疾患の看護」

皮膚・排泄ケア認定看護師
kango_p16

森本 亜希子

 

(2013年取得)

専門的な知識や技術を用い、QOL向上の基礎となる正しいスキンケアの提供だけでなく、院内では褥瘡(床ずれ)発生予防や早期治癒・ストーマ(人工肛門)・失禁関連皮膚炎(IAD)など各部署からの相談に乗り、患者さまの苦痛を取り除けるよう、ケアを提供しています。
退院後も安心して暮らす事が出来るようストーマ外来を実施するなど、尊厳を保ち生きる意欲を持てるよう、心に寄り添う看護を目指しています。
<昨年度活動実績>

  • ストーマ外来
  • 褥瘡対策委員会メンバーとしての活動
  • 院内コンサルテーション
  • 大阪看護協会・研修「今日から実践できる褥瘡ケア」インストラクターとして参加
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「外科看護」

手術看護認定看護師
kango_p25

川﨑 恵理子

 

(2015年取得)

安全、安心、信頼の手術看護、医療を提供することが手術室看護師の役割です。その為に術前、術後訪問を行っています。身体的、精神的に準備が整っているか確認し、術後順調な回復過程を辿ることを目指し、病棟看護師と連携しながら看護を提供しています。手術という未知の体験、不安などを少しでも軽減していただけいるように必要な情報を提供させていただきます。手術治療までの限られた時間の中で、患者様が安心、納得して治療を受けることができるようにお手伝いします。
<昨年度活動実績>

  • 手術前カンファレンスのシステム構築
  • 皮膚障害・神経障害・医療関連機器圧迫創傷のデータ収集と分析
  • 自部署および関連部署への勉強会開催
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「周術期看護」
  • 近畿地区手術看護認定看護師会 学会連携リーダー

感染管理認定看護師
kango_p26

寶示 千春

 

(2015年取得)

私は救急外来検査部門に所属しながら感染管理認定看護師として活動しています。救急外来には様々な症状の方が受診され、その中には感染症に罹患された方もおられます。救急外来で適切に感染対策を実践できるよう、関連部署も含めた職員への指導や教育を行いながら、日々の看護実践を行っています。また、救急看護認定看護師と共に協力しながら、患者さまが安心して医療を受けられる現場づくりを目指して活動しています。
<昨年度活動実績>

  • 救急外来での症状別対応マニュアルの作成
  • 防護具の着脱訓練の開催
  • 中心ライン関連血流感染サーベイランスの実践と継続
  • 新入職員への感染対策研修の実施

慢性心不全看護認定看護師
kango_p29

下清水 理恵

 

(2018年取得)

慢性心不全は、加齢性・進行性の疾患で、高齢者が増加していく中で今後ますます患者数が増えていくと言われています。当院でも慢性心不全患者様が増加傾向にあります。心不全では疾患の進行を食い止め、健康寿命を延ばす疾患管理が重要となります。疾患増悪には、医療的な側面だけでなく患者様側の管理の側面も大きな原因となります。そういった患者様のセルフケアを支えるとともに、エンドステージへ症状緩和にも支援を行うことを目標としています。
<昨年度活動実績>

  • 病棟での心不全患者看護の実践、スタッフの相談・指導
  • 当院での心不全地域連携パスの作成
  • 浅香山病院看護専門学校非常勤講師「循環器看護」