Menu

薬剤部紹介

薬剤部では患者さま本位の医療の実現を目標とし、患者さまの治療における薬物療法が有効かつ安全であるために、薬剤師が薬のスペシャリストとして日々様々な業務を行っております。

薬剤部の業務

調剤

yakuzaibu_chozai入院・外来(院内投薬)患者さまに対する内服薬、外用薬など注射薬以外の薬を処方箋に記載された内容(薬の相互作用、投与量、投与方法等)をチェックし、問題がなければ調剤します。また、窓口では患者さまからのおくすりに関する相談なども受付けています。

 

注射

yakuzaibu_chusya処方箋に記載された内容(薬の相互作用、配合変化等)をチェックし、問題がなければ患者さま個人別にセットし、病棟へ払出します。また、注射室では特定生物由来製品(血漿分画製剤)、毒薬払出などの管理も行います。

 

医薬品管理

院内で使用する医薬品の計画的な購入と供給、適正管理(使用量、使用期限、保管管理等)を在庫管理システムを導入して効率的に行っています。また、病棟各科外来への払出しと緊急用定数配置医薬品の管理も行います。

 

製剤

市販されていない薬剤を医師の指示に基づき、院内製剤として製剤化しています。

 

服薬指導

yakuzaibu_fukusyoku入院患者さまに対し、ベッドサイドにて薬の飲み方、作用、効果などを説明し、服薬の意義や重要性を理解して頂き、服薬意欲の向上を図れるようにサポートしています。その際、患者さまからの訴えなどは必要に応じスタッフに情報伝達しています。

 

医薬品情報管理

医薬品に関する情報の収集・管理と、医師をはじめ医療スタッフへの正確かつ迅速な医薬品情報の提供を行います。特に緊急安全性情報の伝達については即日対応しています。また、院内副作用情報の収集なども行っています。

 

教育研修

看護学校での薬理学講師、薬学生を対象とする病院実習の受入れを行っています。教育研修を通じて社会に貢献して行きたいと考えています。