Menu

病棟機能・特色

光あふれる明るい病棟
光あふれる明るい病棟
治療環境の整った病室(4人室)
治療環境の整った病室(4人室)

精神科急性期治療病棟は、精神症状が悪化した急性期の集中的な治療が必要な精神障害者の方々が入院される病棟です。

精神科急性期治療病棟では、急性症状の鎮静を最優先に心身の安静に努め、患者様の症状や状態を理解・把握し、症状に合った様々な治療(薬物療法・精神療法・精神科リハビリテーション・社会療法など)を行っています。また、入院中における合併症や事故防止にも力を注いでおり、患者様の不安軽減・安全の確保に努めています。

早期治療による急性症状の軽減と1日も早い患者様の社会復帰を目指しています。

病棟紹介

精神科急性期治療病床 60床

病棟名 病床数 病室 設備
A館5階病棟 60床 個室16室
4人室11室
診察室・デイルーム・食堂
浴室・パントリー・洗濯室・面会室
ユーティリティー・読書室

室料差額料金表

  金額 病棟 室番号
個室 6,480円 A館5階 501号~504号/509号~512号/521号~528号
4人室 540円 A館5階 513号~515号/531号~538号
(金額は1日につき・税込)
  • 室料差額は個室・2人室・4人室の利用をご希望された場合にお支払頂く金額です。
    (同意書が必要です)
    (治療上の必要性によりご利用された場合の室料差額は発生しません)

施設基準

看護基準 実質配置13:1看護、30:1看護補助
日勤・夜勤合わせて入院患者様13人に対して1人以上の看護職員と入院患者様30人に対して1人以上の看護補助職員を配置している病棟です。
(看護職員のうち正看護師の割合が40%以上の病棟です)
入院基本料 精神科急性期治療病棟入院料1