Menu
corona-top
corona-info1   corona-info1

 

 

 

 

 

corona-info2

 

COVID-19の世界的流行に伴い、浅香山病院でも2020年1月より対策本部を立ち上げ、さまざまな課題について検討を重ね、対応しております。今後も皆さまの安全を守るため、「院内感染を起こさず、病院機能を維持する」ことを第一に取り組んでまいります。

 

浅香山病院では現在、通常通りの診療を実施しておりますが、感染拡大状況に応じて面会制限出入口の変更・ご来院時の検温等を行なっております。

情報は随時更新しておりますので、ご来院の前にご確認いただきますようお願いいたします。

 

また、ご来院の際にはマスク着用、手洗いやアルコール消毒等の手指衛生など、感染拡大防止にご協力ください。

 皆さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 受診を希望される方

日常の体調の変化にご留意いただいた上で、新型コロナウィルス感染が疑われる症状のある方以外については、通常通り受診していただいて問題ありません。

体調にご不安のある場合は、一度お電話にてご相談いただいた上でご来院いただきますようお願い申し上げます。

 

★次の症状がある方につきましては、必ずご来院される前に、新型コロナ受診相談センターへご相談ください。 

※大阪府HPより引用

【堺市保健所:072-228-0239/その他の市町村の方は大阪府HPを参照】

 

1.息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合。 

2.重症化しやすい方で、発熱や咳などの比較的軽い風の症状がある場合。

(「重症化しやすい方」とは、高齢者や、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方を指します。)

3.上記以外で発熱や咳など比較的軽い 風邪の症状が続く場合。

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。)

 

※症状には個人差がありますので、強い症状だと感じる場合はすぐに相談して下さい。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。

 

 

 面会制限について 

院内感染予防対策のため面会制限をさせていただいています。

 〇症状や検査等の説明

 〇入院や退院の手続き

 〇病状の悪化(危篤状態)などやむを得ない場合

上記以外の面会はお控えください。

 

また、上記理由による面会の際は必ず持参マスクの着用にご協力をお願いいたします。

(当院からマスクをお渡しすることはできません。)

 

  病院出入口の変更等について         

■北ブロック(メディカルタワー)

【かーさ・あもーれ1階出入口】

かーさ・あもーれ1階の出入口は閉鎖しておりますので、メディカルタワー2階より出入りください。

その他の出入口は通常通りご利用いただけます。

 

 

■南ブロック

【B館玄関出入口】

開閉時間を830分~1700に変更しております。

 

【A館南側出入口】

終日閉鎖しております。

(西門からの出入りはできませんのでご了承ください)

 

【精神科デイケア及び精神科作業療法をご利用される方】

61日より、B館玄関出入口から出入りをお願いいたします。

A館南側(デイケアの台所窓付近)の出入口は閉鎖いたします)

 

 

※不要不急のご来院はご遠慮ください。

B館内の売店(コンビニ)や食堂につきまして、61日より平日は外来患者さま等もご利用いただけますが、土・日・祝日はご利用いただけません。

 

 

建物配置図

 

 

 

 

 

 

corona-info2

全国的に、医療機関においてもマスクやガウンなどの個人防護具が不足する問題が起きています。当院も例外ではなく、再利用や代用品の調達・制作を余儀なくされています。フェイスシールドやガウンの製作、代用品としての雨カッパやマスクの提供など、職員が支え合いさまざまな取り組みを行いながら、安心安全な医療の提供に努めています。

 

そんな中、患者さまや利用者さま、地域の皆さま、取引先の企業さま、関係各所から、たくさんのご寄付をいただきました。心より御礼申し上げます。

ご寄付の内容はマスクや防護服、アルコール消毒液などの他、応援の気持ちが込められた食品や小物類などさまざまで、皆さま方のお力添えにより、最前線の職員が今日も現場に立つことができています。

また、そこに添えられた医療従事者を想う温かい言葉の数々に、職員一同元気をいただいています。ありがとうございます。

 

今後も皆さまに信頼される病院として、お気持ちに応えていけるよう努力してまいります。先の見えない状況の中ではありますが、皆さまと手を取り合って乗り越えていきたいと考えております。