Menu

第5回多職種合同勉強会開催報告

投稿日:2017年12月7日

 

平成29年11月21日・29日 17:30~19:00、浅香山病院で多職種合同勉強会を開催しました。
テーマは「ICF(国際生活機能分類)を活用し、模擬カンファレンスを行なう」です。
ICFは生活機能の障害について「心身機能・身体機能」「活動」「参加」の3つの要素及び「環境因子」「個人因子」の背景因子で構成されています。人間の生活を障害の有無のみでなく、活動や参加の状況、また周囲の環境など広い視点から理解し、生活機能についてプラス面からもみるように視点を転換したものです。
今回は、1事例を通して多職種それぞれの視点からICFを活用し患者さまの目標達成に向けて何ができるか、何が必要かを考えながら、ディスカッションを行いました。そして、模擬カンファレンスでは多職種が活発な意見を出し合い検討しました。回復期リハビリテーション病棟では患者さまの機能回復に向けてのリハビリを行いますが、チーム医療が重要な病棟であり、病棟スタッフでも重点をおき日々頑張っています。
第5回合同勉強会第5回合同勉強会第5回合同勉強会illust2012