Menu

※腎臓内科は2019年10月より休診しています。ご了承下さい。

診療体制・専門領域・特色

2009年1月より常勤医師1名となり、腎疾患を中心とした診療体制に変更します。近年、CKD(慢性腎臓病)の概念が提唱されましたが、当院でもこのすべてについて対応しております。

  • 慢性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群などに対する、腎生検を含む診断と治療
  • 保存期腎不全(腎機能は低下しているが透析は行っていない)において、少しでも透析までの時間をのばすための食事療法を中心とした指導および治療、将来必要となる透析への教育と準備
  • 末期腎不全に対する血液透析

2015年5月より東館2階に透析サテライトが稼働し、透析導入、合併症で入院中の透析を行うとともに、病室で施行する重症患者の特殊血液浄化も担当している。また、循環器内科の協力にて透析内シャント狭窄に対するPTA(経皮的血管拡張術)も行なっている。

他に、自己免疫疾患の治療としての血漿交換、エンドトキシンショック早期(発症48時間以内)の血液吸着療法などの特殊血液浄化療法も行っております。

 

腎生検
腎生検
ループス腎炎の組織写真
ループス腎炎の組織写真

診療実績

2019年度実績
  • 腎生検…0件
  • 透析導入…5名
  • 内シャント造設(泌尿器科手術)…1名
  • 血液浄化件数:透析サテライト557件、病棟出張53件(透析サテライトが満床のため透析センターへ依頼10件)
  • 血液浄化件数内訳:血液透析608件、特殊血液浄化療法2件
  • 特殊血液浄化内訳:持続透析0件(CHDF0件、CHD0件)、血漿交換・吸着1名2件(エンドトキシン吸着1名2件、血漿交換0件)

学会認定(施設)

日本内科学会認定医教育関連施設
日本透析医学会教育関連施設

スタッフ紹介

医師名 職位 専門資格
鷲見 知彦 内科部長
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 身障(腎臓)指定医
岡﨑 瑞江 内科医員
(非常勤)
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本腎臓学会専門医