Menu

クリニカルパスとは

cpath1

患者様に提供する医療サービスを標準化した治療ガイドラインです。同一疾患の患者様であれば、定められた期間で期待される状態に到達できるように作られたスケジュールのことです。

クリニカルパスのメリット

検査・処置の予定があらかじめ準備されているため、必要な検査・処置などが抜け落ちることがなく、不必要な予定が入ることも防ぐことができます。(医療の標準化・質の向上)
また、検査などの予定をあらかじめ患者様と共有することにより、患者様にとってもスケジュールがわかりやすく、患者様自身も予定を立てやすくなります。

当院のクリニカルパスの現状

2006年は年間で800件以上の診療にクリニカルパスを適用しました。大腸ポリペクトミー、心臓カテーテル検査など、20種類を越えるクリニカルパスを一般科急性期病棟で使用しております。